カテゴリー別アーカイブ: 楽屋

工作ワークショップ

今回、演劇に使用する小道具、大道具なんかも皆で手作りしました。

ozdoby do włosów

演劇の衣装として使うかんざしを皆で手作り。

las bambusowy

また、大道具として使う竹も1本1本作りました。

Zurawie

大きな折り紙の鶴もきれいに出来ました。

moztaż japońskiej chatki

和室を表現する為に障子風の衝立ても準備。

próba tanca z wachlarzami

彼女たちはダンサー。後ろに見えるのは、大道具で使う富士山です。その横のホワイトボードには扇を使った本格的な日舞の動きを説明したイラストが。彼女たちが踊りの練習の為に自分たちで書いた物です。

Kaguya

こちらは小さなかぐや姫。この人形はポーランドの人形師さんが作ってくれたもの。着物はワークショップにて縫ったもの。

初めての演劇ワークショップ

正式な基金登録の前におこなわれた、初めての演劇ワークショップ。

『かぐや姫』にインスピレーションを得た創作劇『片思い』の準備の為に、日本語でのセリフ練習をしました。
『片思いは』物語を説明するナレーションはポーランド語、セリフは全て日本語にて構成されています。役者は全てBJ・ランゲージ・センターにて日本語を学んでいる学生たち。
みんな「アメンボ赤いな〜」でおなじみの『あいうえおの歌』からの練習。日本人でも難しいこの歌を覚えて、最後にはみんな抑揚を付けて話せるように!

演劇ワークショップ、日本語指導:水谷江里